アイデアは距離に比例する

シニアコンサルタントの濱川です。

私は、マーケティングコンサルティング事業部にて、多くのクライアント様のマーケティングの支援、広告の企画運用を行っており、その中でアイデア出しを求められる場面が多くあります。

また、通販ビジネス事業部で、顧客に対して刺さるコンテンツを書くために、アイデアを求められることが多くあります。

しかし、どうしてもアイデアが枯渇してしまうことがやっぱりあります。

では、どうやってそのアイデアの源泉を確保するのか。

私にとって、ひとつ、アイデアについての金言があります。

それは、

アイデアと移動距離は比例する。―ハイパーメディアクリエイタ―高城剛

この言葉は、氏のインタビューでこのように語られています。

個人的な話ですが、今月7日から出張で東京→バンコク(タイ)→ダッカ(バングラデシュ)→バンコク→ホーチミン(ベトナム)→バンコク→東京と、移動を繰り返していました。12日間でタイの入国カードと出国カードを3枚ずつ書きました。

これだけ短いスパンで移動を繰り返すと、景色、街並、空気、気候、人、言葉、音、色、匂いなど、五感を刺激するあらゆるものが目まぐるしく変化します。移動とは、環境の変化です。人はある場所から別の場所に移動した直後、程度の差こそあれ「さっきまでの”当たり前”が全然当たり前じゃない世界にいる」という状態に陥ります。

人は生きるために、この環境の変化に適応しようとします。適応しようとするため、五感がいつもより敏感になります。多分、人間に備わっている本能的な危険察知センサーみたいなものが発動するんじゃないかと思います。それは旅先の治安の良し悪しなどは関係なく、たとえばアフリカのスラム街から日本に帰ってきても、安心感といった感情とは別のところで「新しい環境に適応しなければ」というセンサーが働くのではないかと思います。で、この五感が敏感になった状態こそが、アイデアを生み出すクリエイティビティの源泉になります。クリエイティビティというのはスキルではなくセンスであり、センスは「多くを感じる」ことで磨かれるからです。

http://www.huffingtonpost.jp/muneharu-uchino/idea-creater-boring_b_5015979.html

もちろん、物理的な移動距離もあると思うのですが、普段触れない、異質な文化に触れることで自分の五感を研ぎ澄まし、新しいアイデアに対する渇望を忘れてはならない。私はこの言葉をそう理解しています。

だから、というわけではないのですが、私は年に一回大きな海外旅行に行くことに決めていて、今年も会社から長めの休みを頂き、アイスランドへ行ってきました。

アイスランド。北極圏にぽつんと浮かぶ、火山と氷の島。その歴史は古く、ヴァイキングが入植をしてから、世界最古の民主主義議会「アルシング」が行われた国。近年では、金融危機に見まわれながらも、女性の社会進出を進め、世界一の夫婦共働き率を誇る国。また、その電力は80%が水力、20%を地熱で賄い、世界一再生可能エネルギー利用が進んでいる国。また、世界一汚職が少なく、平和な国。史上一度も軍隊を持ったことがない国。

今の我々にとっても、多くの示唆に富んでいる国です。

日本からは、デンマーク-コペンハーゲン経由で、約20時間のフライトです。簡単に飛んでいける距離ではありませんが、一生に一度、是非おすすめしたい国です。

アイスランド一日目は、世界最大の露天風呂、ブルーラグーンと自然公園が集まっているエリア、ゴールデンサークルに行ってきました。

11781714_855907754487686_6183042472168351526_n

火山だらけのアイスランドでは、このような露天風呂が国内に数多くあるのですが、このブルーラグーンの広さは圧巻。

施設設備も充実していて、温泉に浸かりながらお酒や泥パックが楽しめます。

さらに、一日目は、大地の裂け目「ギャオ」や、ゲイシール間欠泉に行ってきました。

10985442_856200114458450_8314664344413282233_n

アイスランドには世界の80%の間欠泉が集中しています。なかでも4分間隔で20mの高さまで温泉を吹き上げるストロックル間欠泉は、非常に人気。間欠泉が吹き上がる度に、大きな歓声が上がっていました。

たった一日で、たくさんのスポットを巡り、早速アイスランドに圧倒されてしまいました。

さらにさらにここから雄大なアイスランドの自然を目にするのですが、ながくなってしまったので次回はまた週末に。