『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』第34回心の温度が上がる書籍紹介コーナー

こんにちは。
インターネットマーケティング事業部コンサルタントの前野洋平です。

第34回、今回ご紹介する本はこちら。

■■■■書籍概要■■■■

知る人ぞ知る「ホリエモン」こと、堀江貴文さんによって、刑期終了直前に刊行された本書籍。
「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について、堀江貴文さんの生い立ちから刑期終了までを振り返り、語られた話題作です。一度すべてを失った彼だからこそ語れる仕事の真髄をつく多くの言葉たちが込められた内容となっております。

■■■■目次■■■■

第0章:それでも僕は働きたい
第1章:働きなさいと、母は言った
第2章:仕事を選び、自分を選ぶ
第3章:カネのために働くのか
第4章:自立の先にあるつながり
第5章:僕が働くほんとうの理由

■■■■特に学びのあった2つのノウハウ■■■■

『好きだから没頭するのではない。没頭したから好きになるのである』
好きになる前には必ず没頭するということがあり、没頭するためには自分でルールを作ることが重要である、遠くを見ずに近くの目標に全力疾走することが大事である、と本書籍では述べられております。
まさに真理をとらえた言葉で、はっとさせられました。いかにすれば没頭できるか、どんなルールを作ればいいかを考えて、何事にも取り組んでいきたいと思ったフレーズでした。

『掛け算ではなく足し算から始めよう』
何事も掛け算でショートカットすることを考えてはならないと、ゼロに何かを掛けてもゼロ、まずはイチから積み上げることが重要であるというフレーズ。
少しずつ成功体験を重ねて、積み重ねることが大事であると。本書籍に目を通すと堀江さんの人生においてショートカットはなく、すべてが積み重ねられてきたことなのであるということがわかり、このフレーズが強く心に響きました。

■■■■終わりに■■■■

たまたま本屋に立ち寄り手に取った本書籍でしたが、働くことの意味、働き方、考え方など芯を捉えた意見が刺さる書籍で、胸にこみあげるものが数多くありました。
本書籍を執筆して下さった、堀江貴文さんに感謝の念を述べて、今回はペンを置きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>