『社長にとっていちばん大事な「お金」「売上」「経費」がらくらくわかる本』第30回心の温度が上がる書籍紹介コーナー

こんばんは。
インターネットマーケティング事業部コンサルタントの前野洋平です。

第30回、今回ご紹介する本はこちら。

■■■■書籍概要■■■■

税理士ビジネスののコンサルティングや税理士紹介、独自会計ソフトの普及などを行うアックスコンサルティングの代表、広瀬元義さんによって書かれた本書籍。
社長としての心構えや、基本的な考え方、具体的な税務の内容まで、社長に役立つ情報が詰まった書籍となっております。

■■■■目次■■■■

第1章:会社経営でいちばん大事なお金の話
第2章:売上、入金、支払いを「簡単」にする
第3章:誰もが知りたい経費のこと
第4章:クラウドの活用が経営・経理を変える
第5章:お金の専門家「会計事務所」を活用する
第6章:これだけは押さえておきたい会社経営の知識

■■■■特に学びのあった2つのノウハウ■■■■

『「増運の会社」と「減運の会社」がある』
運転資金の大きさによって、運転資金が回りきらずに倒産してしまう会社もあれば、運転資金を先行投資に使って、どんどん事業を伸ばす会社もある。改めてキャッシュ・フローの重要性を学び、フローのよいビジネスモデルを構想することも重要であることを認識することが出来ました。

『税理士への目先の顧問料に惑わされてはいけない』
税理士のたった一つのアドバイスを実行するだけで、何十万円の節税ができたり、必要な資金を助成金で調達できたりすると記されておりました。これを税理士側の営業の観点から考えると、目先の顧問料と、契約後の資金アドバイスによる改善でどれくらい資金が増えるか、節税ができるのかを具体的に提示、もしくはうまくイメージさせることができる税理士や公認会計士がお客様を獲得することができるのだと思います。いかにして、税理士に営業のしやすさを提供できるか、税理士事紹介事業を行う弊社として、考えなければならない課題だと考えております。

■■■■終わりに■■■■

私は社長ではありませんが、社内で新サービスを作ったりする人や、経理に関わる人、会社の経営に関わっていく人にとっても、基礎的な学びのある良書となっております。
会計に関する芯のある考え方を持つ、広瀬元義さんに感謝の念をのべて、今回はペンを置きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>