『小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則』第26回心の温度が上がる書籍紹介コーナー

こんばんは。
インターネットマーケティング事業部コンサルタントの前野洋平です。

第26回、今回ご紹介する本はこちら。

■■■■書籍概要■■■■

ソフトウェア会社「37シグナルズ」の創業者兼CEOのジェイソン・フリードと、共同経営者兼プログラマーのデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソンによる共著。

37シグナルズとは、十数人のメンバーだけで数百人のクライアントを抱えるソフトウェア開発会社。
優れた製品を販売するだけでなく、それまでの常識を覆す会社運営法でも、注目される企業です。

本著はその創業者とカリスマ開発者が自身の経験をもとに、シンプルかつ平易な言葉でビジネスに真に必要な考え方を示しています。

■■■■目次■■■■

・はじめに
・まず最初に
・見直す
・先に進む
・進展
・生産性
・競合相手
・進化
・プロモーション
・人を雇う
・ダメージ・コントロール
・文化
・最後に
・37シグナルズについて

■■■■特に学びのあった2つのノウハウ■■■■

『「時間がない」は言い訳にならない』
何か新しい事をはじめようとした時や、課題に直面した時、ついつい「やりたいけれど時間がない」という言い訳をしてしまう事があります。
しかし、著者は「正しく使えば時間はあるものだ。」と言っています。例えば一日1時間、テレビを観たりゲームをする時間を使えば、今の仕事に使う時間を失わず、少ないリスクで取り組む事ができます。
1日たった1時間だけでも積み重ねる事と、時間がないとあきらめて何もしないのでは半年後、1年後と大きな差が生まれますね。当たり前の事ですが、時間の使い方をより意識していかなければと感じました。

『決断することで前に進む。』
滞っていたプロジェクトが、ひとつの決定によってその後スムーズに進むという経験があるのではないでしょうか。
「これについて考えよう」ではなく、「これについて決断を下そう」という事を常に意識し、プロジェクトのスピードを上げていく必要があると感じました。

■■■■終わりに■■■■

多くのビジネス書では専門用語を用い、難解な表現をするものも多くありますが、本著は誰にでもわかる平易な言葉を用い、シンプルで分かりやすく表現されており、非常に読みやすい内容でした。
本書籍を書いてくださったジェイソン・フリードさん、デイヴィット・ハイネマイヤー・ハンソンさんに感謝の念をのべて、ペンを置きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>