『プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策』第25回心の温度が上がる書籍紹介コーナー

こんばんは。
インターネットマーケティング事業部コンサルタントの前野洋平です。

第25回、今回ご紹介する本はこちら。

■■■■書籍概要■■■■

以前、異なる書籍(13回)でご紹介させて頂きました、人材系起業の代表取締役社長を務める田島弓子さんによって書かれた書籍です。
プレイングマネジャーにとっての重要性の高いタスクや、重要なコミュニケーションの方法・ケースごとの解決策など、プレイングマネジャーになるにあたり、気をつけ泣けねばならないポイントがわかりやすくまとめて記載されております。プレイングマネジャーとして働き方に悩んでいる方、これからプレイングマネジャーになる方にとって非常に実のある内容となっております。

■■■■目次■■■■

1章:気が弱いほど「課長業」はうまくいく!
2章:5秒でできるコミュニケーション!「初期投資ゼロ」の即効フレーズ
3章:コミュニケーションを仕組み化
4章:クセモノ&苦手な人対策「問題解決コミュニケーション」
5章:プレイングマネジャーのためのトラブル時のFAQ
おわりに:これからの時代のプレイングマネジャーを目指して

■■■■特に学びのあった2つのノウハウ■■■■

『コミュニケーションは、仕組み化できる』
「コミュニケーションをタスクとして可視化」したり、スケジュールソフトを使ってコミュニケーションの時間を予定に入れたりして、仕組み化することが大事だとおっしゃってます。
業務を回す上で重要なコミュニケーションは思いつきで行うようではいけないというわけです。自然と必要なコミュニケーションをとるというのは現実的には難しいので仕組み化が必要ですね。勉强になります。

『ゴールの後のねぎらいも仕組み化』
大事なコミュニケーションは全て仕組み化、タスク化してしまおうというのが本書籍の考え方。コミュニケーションはついつい個々人の才能によるところが大きいと考えられがちですが、コミュニケーションも能力であって、鍛えることができる、仕組み化、タスク化によって、なし得るということがわかり、頭に電撃が走る思いでした。

■■■■終わりに■■■■

プレイングマネジャーになる人にもオススメですが、ただコミュニケーション能力が他者に劣っていたり、コミュニケーション力を高めたいと考えている人にとっても、コツを掴むためのノウハウが書かれた良書でした。
本書籍を書いてくださった田島弓子さんに感謝の念をのべて、ペンを置きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>