『すぐに実行できるのに誰も教えてくれなかった考える力をつくるノート』第14回心の温度が上がる書籍紹介コーナー

こんにちは。
インターネットマーケティング事業部コンサルタントの前野洋平です。

第14回、今回ご紹介する本はこちら。

■■■■書籍概要■■■■

本書には脳科学者、ビジネスコンサルタント、経営者、精神科医、新規事業プロデューサーなどその道の第一人者が行き着いた、考えて生きる力を得るヒントが集約されております。

■■■■特に学びのあった3つのノウハウ■■■■

『あなたが「快楽」だと思うことがあなたの人生を決める!』

脳科学者の茂木健一郎さんによって書かれているこの一文。快楽や感動といった心の振れる方向へ、私達は未来を無意識に決めており、例えばわかりやすい例で言うと「チョコレートを食べた」→「美味しかった」→「またチョコレートを食べたい」といった具合に、快楽や感動を繰り返し感じたがる性質があるんだそうです。それを徹底的に利用して、快楽主義者になると心に決めてしまうのがよいと茂木健一郎さんは述べております。私自身、ほかの人の成長の瞬間を目の当たりにした際に強い快楽を感じる傾向があるということが、過去の自分をかえりみて把握できているのですが、仕事においてその快楽を得られるポジションに自分を運べていない現状があります。自分の快楽を得られる仕事を自ら作っていくことで仕事においても高いパフォーマンスを出せる状態に持っていけるのでは?

『スピード思考を身につけるためには「最初に、今ある手持ちの情報で答えを出してしまう」ことが非常に大事』

これは本書で語られている「仮説思考」という思考法におけるコツの一文ですが、私の中で大きなイノベーションを感じる言葉でした。これまで答えや解決策を出すために、手持ちの情報で足りないであろう情報をリストアップしひと通り集めることから始めていましたが、集める必要のない情報を集めて徒労に終わるケースが多々ありました。取る必要のないデータを選別し、仕事における推進力やスピードを高めるためにも、今後「仮設思考」を強く意識していきたいです。

■■■■終わりに■■■■

止まっている思考を動かし、高い思考力を身につけるヒントとなる言葉がたくさん収録されており、私自身思考力を高められるノウハウを多く吸収することが出来ました。
まさに書籍のタイトル通り、考える力を与えてくれた本書籍に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>