『サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になる』第8回心の温度が上がる胸アツ書籍紹介コーナー

こんにちは。
インターネットマーケティング事業部コンサルタントの前野洋平です。

第8回でご紹介するのはこちら。

■■■■書籍概要■■■■

サムスンSDIのプラズマディスプレイ事業本部のグループ長として大きな実績を残し、現在はサムスンで学んだことを活かし、
各方面で活躍している、ムン・ヒョンジンさんにより、度々ヘッドハンティングされるサムスンマンの働き方について、
具体的なサムスン内での事例も踏まえて、ポイントを押さえて明かしています。

本物のエキスパートになるための一万時間の法則を適用した際に、
1日6時間専門分野に費やせるとすると、専門家として確実に成長できる期間は5年であるという考えのもと、
5年目のエキスパートになるまでに、仕事をする上で意識すべき観点を提唱しています。

一見、よく言われることを書いているようですが、
サムスンという急成長を遂げた一流企業のフィルターを通じて語られる各ポイントにはリアリティがあり、
非常に、参考になるポイントが数多くある書籍となっております。

■■■■刺さったフレーズ集■■■■

『その報告書は未来を向いているか?』
『「対応」でもっとも重要なことは「テイクアクション」、つまり「行動すること」だ』
『仕事に関する限り、誰も信じてはいけない気がするんですよ』
『朝、服装に気を配ると、一日の態度が違ってくる』
『どんな状況でも、また自分がとても乗り越えられそうにないぎりぎりの状況に直面しても、必ず責任をまっとうし、そのために仕事に挑戦する事こそが、「社長のように仕事をする」という本当の意味ではないだろうか』
『自分が言われて気分がよくない言葉を、気分を損ねることなく伝えるのが”真のプロ”だよ』
『人生に対する重みある健康的な価値観が、節制の力を与えていたのだ』

■■■■特に刺さった2フレーズ■■■■

『仕事に関する限り、誰も信じてはいけない気がするんですよ』

これは、サムスンの一社員の言葉である。
『自分のやるべきことを繰り返し確認し、反省しながら根拠の無い確信は捨てることで、仕事の完成度を高めていくのだ』
『100%信じられるものがない業務の世界で、残しておくべきものは「業務の証拠」だ』
とも書かれており、仕事を進めていく上で、他人を信じきって進めてはいけない、しっかり進めるためには、証拠を残しておくべきだと書かれております。
個人的には非常に衝撃的な一文で、人を信じるのではなく、まず疑ッてかかることで仕事の完成度は高まっていく述べられています。
仕事を進めるのがうまい人は、他人に任せる仕事も自己責任として、用意周到にまとめる力が備わっているサインなのではないでしょうか。

『人生に対する重みある健康的な価値観が、節制の力を与えていたのだ』

その場その場にある、誘惑や自分との戦いにまけいないためには、
将来、大事にしたい価値観を第一に置することで、日々の自制心に力が増し、迷いない節制をすることができると述べております。
仕事の様々な場面で、何かを見失いそうなときは、自分の大事にしたい価値観を思い出してみるのが得策かもしれません。

■■■■終わりに■■■■

仕事の基礎を固める上で、重要な事項がサムスンの歴史から学べる非常に勉強になる書籍となっております。
サムスンの仕事の進め方を世の中に紹介しようと思われた、ムン・ヒョンジンさんに感謝の念を述べて、
今回はペンを置かせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>