『「給与は自分で決めなさい」社員を熱狂させる経営術』第2回心の温度が上がる胸アツ書籍紹介コーナー

こんばんは。
インターネットマーケティング事業部コンサルタントの前野洋平です。

今回も皆様の心に熱い風を吹かせるべく、
書跡の紹介を指せていただければと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

第2回でご紹介するのはこちら。

「給与は自分で決めなさい」 社員を熱狂させる経営術

■■■■書籍概要■■■■

税理士として「俺たち税理士が日本の中小企業を救うんだ」という志を持ち、
税理士事務所を開業し、後に全国13都市に拠点を構えるコンサルティングファーム代表となった
NBCコンサルタンツグループの野呂俊彦さんが執筆されています。

長年の他社のコンサルティングや自社の経営を通じて、
より社員のモチベーションを高め、能力を最大限に引き出すにはと悩み生み出した経営手法、
「クラスター経営」について、その真髄、エッセンスを紹介した書籍となっております。

私も大学ではポジティブなメンタリティの研究等もしておりましたので、
モチベーションを高める仕組みには興味があり、
本書籍では給与体系の観点から、仕組みを学ぶよい機会となりました。

■■■■刺さったフレーズ集■■■■

『本音でのコミュニケーションを図ることで人間関係を構築し』
『経営内容を公開することで危機感を共有し』
『各自が果たすべき役割・責任を明確にする』
『管理は各自が自分で行い、評価もいわば自分が行うという制度』
『最大の経費である人件費を最大限活かす!』
『利益率を1%上げれば、二万円の昇給が可能だ。さらに売上2%アップで昇給は・・・』

■■■■特に刺さった2フレーズ■■■■

『最大の経費である人件費を最大限活かす!』

経営の視点から考えると、人件費は経費。
自分がもらっている給与が会社の経費であることを考えて動ける社員は、
より給与を意識して高いパフォーマンスを発揮しようとすると思います。
会社の目指す利益目標があり、社員が目標を意識できているならば
人件費が経費であるという発想を持っていることで、
社員の働き方に意識を持つことができるはずです。
給与は当たり前にもらえるものという考えを無意識にもっている社員は、
どの会社にもいるはずで(私自身も持っていました。)
会社経営への当事者意識を持つ上で、非常に重要な観点ですね。

『利益率を1%上げれば、二万円の昇給が可能だ。さらに売上2%アップで昇給は・・・』

実際にクラスター経営を導入する事例紹介において、社員から出てきた発言を引用しましたが、
これだけ具体的に人件費にかけられる利益の割合をイメージできる社員が増えることが、
クラスター経営導入の真骨頂のようです。
まさに経営への意識を自分ごととして落とし込めている状態であり、
自分の頑張りが直に自分の給与へつながる感覚を持つことは、
パフォーマンスを発揮することへのモチベーションが高まりやすい状態であると思います。

■■■■終わりに■■■■

クラスター経営の良さを確信している筆者の熱い思いが非常に伝わる書籍です。
また、目からウロコの思い切った改革を行う複数の事例が、
リアリティの伝わりやすいストーリー仕立てで紹介されており感情も伝わりやすい構成になっています。
これは、著者がクラスター経営の導入は生半可なものではないということ、
経営の改革は血が出るものであることを伝え、それでもやる価値のある改革であると強く示すための、
表現方法であると私は解釈し、非常に印象に強く残る書籍でした。
働く上での新たな気付きをくださった野呂さんに、感謝を述べて、
今回はペンを置きたいと思います。

『今やる人になる40の習慣』第1回心の温度が上がる胸アツ書籍紹介コーナー

はじめまして。
インターネットマーケティング事業部コンサルタントの前野洋平です。

この度、世に眠っているエモーショナルな名著を掘り出しご紹介することによって、
ご覧になってくださった方々の心の温度上昇に少しでも貢献できればという思いから、
書籍紹介コーナーを週一回ペースで連載させて頂くこととなりました。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

早速ですが、第一回でご紹介するのはこちら。

今やる人になる40の習慣

2013年に東進ハイスクールCMの「いつやるか?今でしょ!」で一躍時の人となり、
現在も看板番組を持ったり、メディア露出の絶えない名物予備校教師、
林修さんの書籍第二弾になります。

私自身テレビで拝見している中で、誠実に人を指導する姿や、
的を得た発言をするシーンを見て、非常によい印象を受けてましたが、
今回この書籍を読んで、林先生に強くエンゲージメントされてしまいました。。

 

■■■■書籍概要■■■■

本著は「今だ!」と思ったときに、ためらいなく行動できる人になるために、
林先生がこれまで意識的に行ってきたTIPSやマインドが紹介されている書籍です。

私自身、まだまだ未熟者ですが、自分がノっているなと感じるときは、
今に集中して、ためらいなく行動し、歩みを止めていないときだと感じます。
そうなるためになるほどと思える手法が、わかりやすく紹介されています。

『自分の生き方に基づき、自分のスタイルを守って書き上げたこの本が、
一人でも多くの方の幸せを招くものであることを、心の底から願ってやみません。』
「はじめに」の結びの謙虚かつ自信ある言葉が読みたい気持ちをそそります。

 

■■■■刺さったフレーズ集■■■■

『企画書はすぐ翌日に出す』
『取り返しはつかないと考える』
『早いということ、特に予想を上回って早いということには、計り知れないメリットがある』
『記録という方法で習慣を変える』
『努力はベクトル量と考える』
『いつやるか?今でしょ!今吹く風が、一番熱い。』
『見送り方をよくわかっている』

 

■■■■特に刺さった2フレーズ■■■■

『記録という方法で習慣を変える』

やるべきことをやれずやるべきではないことに手をつけてしまっている状況で、
やるべきことを記録し見直すことで、いまやっていることとやれていないがやるべきこと優先順位を考える時間を作り、
やるべきことに集中的に取り組んでいける状態を作り出そうというTIPSです。
個人的に記録という手法は、今回の使い方以外にも、日々の反省を記録したり、
頼まれた仕事を記録したり、過去に行った施策を記録したり等、
様々なシーンで使っており、重要なアクションの一つだと思えます。
「記録」意識的に取り組みたいですね。

 

『取り返しはつかないと考える』

これはマインド系のフレーズですが、取り返しのつく仕事なんてひとつもないんですよね。
失敗は人の記憶に残るし、一度失った信用・信頼はまたゼロからの積み上げになってしまう。
よく「どんどん失敗しろ」「失敗から学べばいい」と自己啓発書などでは言われますが、
失敗からの学びというのは、取り返しがつかないという意識が前提としてなければ、
大きなものにはなりえないということを胸に刻んでおかなければならないと思います。
そんなことを改めて林先生は伝えようとしているのだろうと推測します。

 

■■■■終わりに■■■■

林修先生のご活躍の理由を知る事のできるエモーションがほとばしった書籍です。
「今」行動できる熱い人になりたいと願う方に、ぜひおすすめしたいです。
また、今回、私の心の高まりを与えてくださった林修先生に、心の底からの感謝を述べて、
ペンを置きたいと思います。

創立記念日ランチ 2014年@パークハイアット東京

11月25日、おかげさまでパスクリエイト株式会社は、
7歳の誕生日を迎える事ができました。
これもひとえに皆様のご支援ご芳情の賜物と、社員一同心より感謝しております。

また、6期は苦しい時期もありました。
飯原社長をはじめ、パスクリエイトの皆さん、一年間本当にお疲れ様でした。

毎年恒例となりましたが、 弊社では創立記念日に贅沢なランチをいただくという
イベントを行っております。
ランチの模様を、僭越ながらチーフ梢がご報告いたします。

パークハイアット最上階にあるニューヨークグリルでランチビュッフェをいただきました。
「美味しいご飯を毎年皆で食べれるように頑張ろう」
そんな代表の気持ちから始まったこの企画、もう今年で3度目の参加となりました。

社員全員揃って食事をする機会も、最近なかなか作れていなかったので、
久しぶりに皆でご飯を食べれるのは嬉しいです。

 

1779319_725020627576400_5674138330864338716_n1525423_725020677576395_5436487711657649581_n20141212011846

 

創立記念日ランチの際は、「ありがとうメッセージ」の交換をします。
お互いの良い所、感謝していることをメッセージにして伝え合います。

社長からは別途、社員ひとりひとりに対して手紙が渡されました。

2014121201172220141212011830
来年も、また最上階で、高品質な空間と食事を堪能できるよう頑張りたいですね。

良いお知らせを発信できるよう、弊社一同力を尽くしたいと思います。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

20141212011948

 

※余談(笑)※
弊社のビルの屋上からは、天気が良い日に冨士山を拝むことができます。
ありがたや、ありがたや。

皆さん、良いお年をお迎えください。

 

取引先の社長が亡くなった時
年賀状は送ってOK?

 

こんにちは。
シニアコンサルタントの金子です。

 

2014年も残り1ヶ月を切りましたね。
個人的には忘年会や年末のカウントダウンライブが楽しみな私ですが、
皆様、新年に向けて年賀状を書く時期ではないでしょうか。

私も日頃お世話になっている各社様に心を込めてメッセージを書いている所です。

 

が、思い出した事が。

 

『そういえば◯◯社の社長さん、今年亡くなられていたなー・・・』

 

・・・取引先の代表が亡くなった時でも、年賀状出してもいいものなんだろうか?

 

個人だと喪中の場合は年賀状を送らないけれど、
ビジネスの場合、年賀状出してもOKなの!?

 

普段、お世話になっているご担当者様には感謝の気持ちをお伝えしたい・・・
でも、送ってNGだったら逆に失礼・・・

 

どうしよう。

 

どうしよう。

 

・・・分からない。困りました。

 

ということで、
ソリューションを求めてグーグル先生に相談しました。

 

・・・出てきた出てきた。
参考サイトがいくつか出て参りました。
まず、喪中とは一般的に亡くなった人の二親等までが対象となります。

※一親等・・・両親、配偶者、子供
二親等・・・兄弟、姉妹、祖父母、孫

 

ですが、基本的に、ビジネスとプライベートは分けて考えるケースが多いようです。

もし先方から『年賀欠礼状』を頂いた場合や、
個人的に二親等以内の方への年賀状は、ご遠慮する必要がありそうです。

 

が、ビジネスとププライベートを分けるとなると、喪中は取引先の社長のご遺族となるので、会社宛・ご担当者様宛ての年賀状は問題ないようです。

※年賀欠礼状・・・喪中で年賀状を出せない事を知らせるはがき

 

結論。

ビジネスでの年賀状は基本的に送ってOK

 

これで私も安心して各社様に年賀状を送れそうです。
皆さんも日頃お世話になっているクライアントやパートナーさんに
感謝の気持ちを込めて、一筆したためてはいかがでしょうか。

 

おわり。
【参考サイト】
郵便年賀.jp
お葬式プラザ