デジタルデータをダイレクトに販売できるGumroad

寒さもやっと和らいできたかな?と油断しては帰路凍える今日この頃です。
待ち遠しい春まであと少しですね。

アソシエイトの濱川です。

最近twitter等でも話題になっているサービス、Gumroadですが、私も早速登録してみました。


Gumroadとはweb上で共有可能なものなら何でも販売できるサービスで、写真や絵画、音楽、ゲーム等をリンクをシェアするかのように簡単に・世界で販売できます。

そのサービスは、商品の決済機能に特化したもので、至ってシンプル。
楽天やamazonのように商品を順々に閲覧したり、欲しい商品を探せるようなEC機能は持っていません。
その代わり、簡単に登録でき、リンクコードを貼るだけですぐに決済可能になります。
手数料も1回の支払いごとに5%+$0.30と至って格安。

ユーザーは、facebookやtwtter,自前のblog等で自分が売りたい商品の告知をすることになります。

私も試しにお正月に地元で撮影した写真を販売してみました。
伏見稲荷
もちろん、一切売れていません 笑

GumroadのQ&Aの最後はこのような内容です。

————————————————————-
何でQ&Aがこんなに短いのですか?

シンプルなプロダクトは、Q&Aが短くてすむと考えているからです。ここに書かれてないことで質問があったら、メールを送ってください。
————————————————————-

素晴らしい。

ユーザーにとって本当に必要な機能のみに絞って、余計なモノをそぎ落とすことは、最近の優れたサービスやプロダクトに共通することかもしれません。

参考リンク
gumroadでクリエイターの生活は変わる?
gumroadで売られたモノまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>