大盛りフードは品性に欠ける?

初めまして。11月入社の吉田です。
毎日のお仕事が楽しいです。

が、それ以上に(笑)、外食が楽しいです。

大久保の本場韓国料理をご馳走になったり。
ゆで加減がちょうど良い味玉が食べ放題の中華料理屋へ行ったり。
ラーメン屋兼居酒屋で、珍しい塩つけ麺を頂いたり。

さすが大都会東京。ごはんがおいしい。
おいしいものを食べてるんだから、一杯働かないと!

 

さて、今日のお話は、弊社ビルそばにある、
「ラーメン二郎」についてです。

先日、昼過ぎに前を通ったら空いていたので、行ってみました。

・ラーメン二郎

(googleイメ検より画像引用)

山盛りの野菜、大量の肉、食べ応えのある麺に、舌が痺れるほど濃いスープ
大満足!

二郎も含め、こういう量で勝負するジャンルを「ガツン系フード」なんて呼んだりしますね。
(流行ったの2007年位だから…今は死語ですかね)

みんな腹ぺこだから、って訳では必ずしも無くて、
気にせず食べることでストレス発散したり、大食いのイベントとして楽しまれたりしているのです。

こういう「ガツン系」大盛りフードを目にする度に、
昔読んだこの童話に出てきた、ビッグなカステラを思い出します。

 

・童話「ぐりとぐら」

(googleイメ検より画像引用)

皆さん、ご存じのこの童話。
最近では、「マルモのおきて」で芦田愛菜ちゃんが読んでましたね。

続編もたくさん制作されていますが、この本が第一話。
仲良しネズミ「ぐりとぐら」が大きな卵をみつけ、カステラを作るというストーリーです。

このおいしそうなビッグカステラを、おなか一杯食べてみたい!
そう思って早20年が経ちました(笑)

・ビッグなカステラと、それを囲む動物たち

(googleイメ検より画像引用)

同じように思った人、多いんじゃないかな?

「ぐりとぐら」が国や時代・年代を超えて愛されている理由の一つが、このビッグなカステラだと思ってます。

 

子供の頃、ぐりとぐらのビッグカステラに感じたワクワク感と
現在、ラーメン二郎の山盛りの肉・野菜・麺を前にしたときの高揚感

案外、一緒なんじゃないかな?

大盛りフードは、品性に欠ける食文化だという批判がなされていますが、
子供心をくすぐる、けっこう素直なサービスなのではないでしょうか?

 

瀕死のパソコンからデータを脱出させる!

パスクリエイトの小松田です。

さて、
本日はいつもと変わり、
日常に起こったニュースな出来事を書き連ねたいと思います。

実は最近、自宅のパソコンを買い換えました。

7~8年前に買った東芝ダイナブックの、
割と良いほうのグレードで当時20万円ほどしました。

今まで特に不具合も不便もなかったため、
現役で活動していましたが、先日一気に老化現象を伴い、
立ち上がらなくなってしまいました。

「ふふん、まずはセーフティーモードで立ち上げだな」
大人の余裕すら漂わせながら処置を行なう私。

・・・・

セーフティーモードのボタン(クリック)がなぜか
ハードディスクお休みボタンに切り替わっている・・・

 

「しまった、大事な(多少)データが入っていたのに」
という焦りの中、
「落ち着け」
と自分に言い聞かせ、
液晶をやさしく撫でながら、小手先の知識を総動員し、
電源の入り切りなどを試みること約1時間。

・・・・

なぜか立ち上がりました。

心の中で、
「立ち上が~れ~、立ち上が~れ~、ガンダム~」
唱えながら見守ること、約5分ほど掛けて立ち上がりました。

思えばこの時は、まだ心に少し余裕が残されていました。

 

「早くデータを移さなくては」

幸い、重い物はあまり無いので何とかなるだろうと思いながら
”ダイナブックちゃん”を信じてやれていない自分に気付く。

USBメモリーを認識するのに15秒を要していることに
若干の不安を覚えながら
大事な(多少)データをそっと移動させる。

 

・・・・・「何!」

 

「あと3時間15分とはどういう事だ!」

「ホワッタイムイズイ~ット!」

ふと時計を見るとAM12:30をさそうとしているではないか。

 

「目を覚ませ~」「やつ」に活を入れたい気持ちを必死に押さえながら
「我慢だ、我慢。今までの苦労を水の泡にするのか。」
自問自答を重ねながら見守る。

・・・・・・

「待てよ。」

「そうだ、」

このままにして置けば、そのうち終わるだろう。
と思ったその瞬間に、脳内でつぶやきが聞こえる。

「30分で自動的にスタンバイになるよ♪」

 

「しまったー!!」

 

今、他の機能を開いたり使う事は、ほんのちょっとでも危険だ!
私の中の第六感が危険信号を送ってくる。

・・・・・・・

そんな機能を誰が付けたのだ。

マイクロソフトか東芝か。

・・・・・・・・

いや、今はよそう。

・・・・・・・・・

時おりマウスを動かす。

時おりマウスを動かす。

時おりマウスを動かす。

 

そうして夜が更けて行きました。

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

「ふっふっふ。」

ついにやった。

「見たか!」(誰が?)

「勝った。勝ったど~!」

・・・・・・・・・・・・・・

 

そんな日があった最近でした。

以上ですが、何気に起こったニュースな事がありましたら、
また、お伝えしたいと思います。