Yahoo!リスティング広告新ツールのご紹介 1

Yahoo!リスティング広告新ツールのご紹介 1
シニアコンサルタント 石川です。

さて、Yahoo!リスティング広告の新管理画面になって、
2週間弱経ちましたが、皆様管理画面の操作には慣れましたでしょうか。

未だに、旧管理画面で「完全一致」に設定していたキーワードが、
新管理画面では、ほとんどインプレッションが無くなったりと、
色々不具合も出ている話を聞きます。

※上記の場合は、「予算のアップ」「予算の残高の確認」「除外キーワードの確認」
行なってみるのも手かもしれません。
しかしながら、新たに「フレーズ一致」機能が追加された等の理由もあり、
もともと検索ボリュームが少ないワードに関しては、
実際にインプレッションが減ってしまったケースもあるみたいです。
(まだまだ、わからない所は多いですね。)

そんな中、11月18日に、新管理画面に2つのサービスがリリースされました。

1つ目はキーワードアドバイスツール
2つ目は広告プレビューツール

1つ目の「キーワードアドバイスツール」につきまして、
今回は見て行きたいと思います。

1 管理画面ログイン
2 スポンサードサーチタブをクリック
3 ツールタブをクリック
4 キーワードアドバイスをクリック

f:id:pathcreate:20111122143205j:image

言わずと知れた、
・キーワードの検索数
・想定インプレッション数
・類似キーワードの抽出、
・予測のCPC
・予測のクリック数、

等を調べるツールなのですが、

特に新しくなった印象は無く、
(一部検索の項目が増えている、
複数のキーワードを一回で検索するのは、
まだ苦手のようだ、ぐらいでしょうか。)
今まで通りこのツールに関しては、

・キーワードのざっくりとしたボリューム
・登録していないキーワードの調査

をざっくりと把握するために使って頂ければと思いますので、
細かいところまでは見なくても良いと思いますし、
そこまで精度は高くないので(苦笑)軽く流してみましょう。

例えば、

・属性(男性・女性)
・年代
・想定インプレッション数
・予測CPC
・推定クリック率

等は、実際に広告の出稿をしてみないと、
わからない面も多いですし、
クリエイティブ次第で、良くも悪くもなりますので、
大体のイメージを掴むために使用すれば良いかと思います。
(とはいえ、市場の規模を調査する際には、
まずは一番始めに確認する為に使用致しますので、
かなり重宝しています。)

新しいツールの一つ目のご紹介でした。

石川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>