Googleディスプレイ ネットワーク便利機能のご紹介1

シニアコンサルタント石川です

「グーグルディスプレイネットワークはやっているが、
日々数字しか見ておらず、それ以上は特にしていないよ。」

こういった方多いのではないでしょうか。

そこで、グーグルディスプレイネットワークにまつわる、
簡単ですが、なかなか面白い機能をご紹介です。

どんなサイトに、広告が出稿されており、
どういったパフォーマンスが出てるかがわかる機能になります。

——————————————————————
1 アカウントログイン後
2 掲載先を見たいディスプレイネットワークの「キャンペーン」をクリック
3 タブの「ネットワーク」をクリック
4 「手動プレースメント」「自動プレースメント」を選択し、
  青文字の「詳細を表示」をクリック
f:id:pathcreate:20111114195757j:image
5 ページ下部にザーッとURLが出ます。
6 タブの「URLリストを表示」から「すべて」をクリック
f:id:pathcreate:20111114192410j:image
——————————————————————
すると、選択したディスプレイネットワークの、
キャンペーンの配信先URLが表示されます。
(もちろん、CPA、やCVでソートをかける事も可能です。)
f:id:pathcreate:20111114193236j:image

こちらメリットについては、
・どういったURLに配信されているのかがわかる。
・どういったURLでCVしているのかがわかる。
・CVしているURLに似た属性をイメージする事が出来る。
 (例えば、野球道具ののショップをネットで行なっている場合、
  その属性では無く、「部活」や「サークル」のURLからCVが上がっていた場合、
  新たな属性に向けて施策を行なう事がアイディアとして出ます。)
・CVしているURLに手動でプレースメントをかけられる。

と、新しい施策のアイディア出し等に使えるかと思います。
(実際に、弊社では●●の媒体から非常にパフォーマンスが良かったので、
●●に狙い打ちで広告を出したりしております。)

実際にパフォーマンスを上げているサイトを見れるのは、
とても、マーケティングを行なう上で参考になります。

ご参考頂けましたら幸いです。

石川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>