シリコンバレーのCEOシリーズ ~Chris Hughes~

パスクリエイトの隈元です。
段々とシリーズ化してきたこのシリーズ、今回はクリス・ヒュージさんについてです。
クリスさんはFacebookのファウンダーの一人。広報としてFacebookの成長を
支えたのですが、同じくらい(いやもっと?)彼は重要な仕事をしています。

それはバラック・オバマ米大統領のソーシャルメディア戦略を手がけた事です。
クリスさんはFacebookをやめ、2008年にオバマ陣営に加わりました。

オバマ大統領の戦略については当時多くの解説がありましたのでご存知の方も
多いとは思いますが、ざっくりご説明させて頂くとソーシャルネットワークを駆使して、
比較的少額の寄付を多くの人から集めたり、SNSでの選挙活動を展開しました。

その時に活躍したMyBO(mybarrakobama.com)というオバマ大統領のサイトに
彼は(強く)貢献したと言われています。

f:id:pathcreate:20111108222512p:image

その後2010年に社会貢献に取組むNPOや慈善団体と人々をつなぐSNSである
「Jumo」を立ち上げますが、今年8月に「GOOD」というメディアと
合併することになります。Jumoは社会貢献団体のネットワークを持っており、
GOODは月間300万人のユーザーをもつ「良いことをしたいと思っている人」の為の
メディアですので、両者のシナジーを狙ったのでしょう。

f:id:pathcreate:20111108222954j:image

Jumoは思うようにユーザーが集まらなかったようで、
結果的に合併することになりましたが、現時点では少しだけ「早い」ビジョン
だったのだと思いますが、すでにNPOなどによるテクノロジーの活用は
様々な所で萌芽を見せ始めており今後のGOOD/Jumoの動きには要注目です。

蛇足としてテクノロジー以外に社会貢献を変えるであろうもうひとつの要素として
デザインがあると思うのですが(社会貢献×テクノロジー×デザイン)
これの一例としてGOOD/Jumoプラットフォームがあるなと思う次第であります。

ちなみに先日(10月5日)、JumoはOpen Jumoを発表し、これにより
Jumoををオープンソースとして使えるようになりました。

これらの動きにより、Jumoがこれからどの様になっていくかわかりませんが、
私は社会貢献をテクノロジーがどの様に支えていくか興味がありますので
今後も注目していきたいと思っています。

そのうち、今回話題にでたGOODの創設者Ben Goldhirshさんも
取り上げてみたいと思います。今日はここまで。

参考:
Jumo
GOOD
Wikipedeia Chris Hughes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>