mixiページ

シニアコンサルタントの藤田です。

mixiページが始まりましたね。

f:id:pathcreate:20110909183239j:image

今回のmixiページサービス開始に伴い、
「数年ぶりにmixiにログインしたよ」とか
「いつの間にか、足跡機能がなくなっているじゃね~か」
といった方が多いのではないでしょうか。

facebookページと違って、顕在ユーザー、特にF1,M1層が多く
こちらのターゲット層にコミュニケーション戦略を行うには適しているのかなと
少し期待をしていますよ。
※私の周りはなぜか「facebookはやってないけど、mixiはかなり利用している」
といった人が多いんですよね。

ただ、facebookページといい、mixiページといい、
数年前に急に流行った企業ブログ、企業SNSブームに似ているような感じがしますね。

「是非ブログ見て下さい」
「当社のSNSに登録してください」

当時、私もいろんなブログ、SNSを見てましたが、
急速に盛り上がって、その多くは急速に消えてしまっていましたね。
それがfacebookページ、mixiページに姿、形を変えて再度

ブームで終わらせないためにも、
やっぱり儲かる仕組み作りしないといけません。
そのためには、エンドユーザー、お客様視点のコンテンツはもちろんですが、
極論として、面白いかどうか、また見てみたいかどうかです。

あと、デザインのクオリティも結構大事。
なかには、画像が荒れてるものをそのままUPされているページもありますからね。

「デザインが素敵な日本語Facebookページ 10選」
http://facebook.boo.jp/%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%8C%E7%B4%A0%E6%95%B5%E3%81%AA%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9Efacebook%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8-10%E9%81%B8

各社とも、凝ってますねえ~

まあ、そんな訳で、
私も隠れてコソッと作成してみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>