実家への帰省

パスクリエイトの小松田です。

さて、
前回まで、雇用に関する助成金シリーズをお伝えしていましたが、
今回は、少し息抜きをしたいと思います。

先月になりますが、今年のお盆は法事もあり、
長めの里帰りをして来ました。

北海道出身の道産子ですので、もちろん北海道へ帰省。

今の実家は育った家ではありませんが、
札幌の隣町である江別市というところでして、
新千歳空港から1時間ほどで着きます。

しかしながら、あらためて思うに、
空港やチケットでは羽田発・札幌行きとありますが、
千歳空港は札幌にはありません。

千歳市という別の町であり、非常に良いところですが、
あくまで札幌ではありません。

初めて行かれる場合は、空港に着いて札幌ではない事を
知る人もいるかも知れません。
なぜなら、
“札幌到着後に札幌に向かう”からです。
札幌行きの飛行機に乗って、着いたら札幌行きの急行列車に乗って
札幌に向かうので良く考えると可笑しいですね。

このネーミングについては、残念ながら国際便の東京行きが
「成田空港」(千葉県)に着くのと共通する理由と考えられます。

ちなみに、わが江別市には沢山の大学や短大、専門学校がありますが、
なぜか、「札幌○○大学」などの名前になっており、
心の中で「ここは札幌じゃないけど」と突っ込みを、せんえつながら
毎回入れさせて頂いております。

このネーミングについては、さらに残念ながら千葉県にある
「東京ディズニーランド」に共通する理由と考えられます。

さて、若干話がそれましたが、
祖父母や伯父の墓参りに出かけました。
ご先祖様への感謝と共に、今がある事のありがたみを
しっかりと刻み込んで来ました。

そして実家に戻り、両親と兄家族と共に家の庭でジンギスカンです。

庭と言っても広い邸宅や大草原が広がっている場所でもなく、
道路に面した駐車場で隣の家まで1~2メートルです。
ジンギスカンですので当然ながら、モクモクと自宅前から煙を撒き散らします。
f:id:pathcreate:20060618123215j:image
臭い、煙いと感じたご近所の皆様は
「どうぞ好きな時に窓を閉めてください」的な空気。

他の田舎はどうなのかわかりませんが、
こちらではごく普通の光景であり、普通の住宅街ですが、
他にも少し離れた家の前のスペースで当然のごとく、
ジンギスカンの煙が上がっていました。

余談ですが、家の中でもジンギスカンを行ないます。
はい、想像通り、煙も出ます、油も飛びます。
気になる場合は「事前に新聞紙を引きましょう」的な空気。
この場合、終わった後もしばらくはラム肉のにおい余韻に浸れるでしょう。

大阪のたこ焼き器と同じように、ジンギスカン鍋は一家に一台は完備です。

ちなみに僕は焼いた肉をタレに付ける「あとづけ派」です。
生ラムや、定番の丸い形になった肉に「ベル」のタレ。これで決まりです。
※ベル食品株式会社
http://www.bellfoods.co.jp/

北海道には、タレに漬かっている味付けお肉派と、
焼いた後でタレに付ける「あとづけ派」の2大派閥があるのですが、
家族の中で派閥が分かれると微妙です。
もちろん両方美味しいのですが、好みがあるのです。
一緒に焼くのは「あとづけ派」に不利なため、ジンギスカン鍋に
ある程度の陣地を確保する必要があるのです。

さらにちなみに、
北海道ではどこに行っても売っている
「ベル」のタレ関係の商品は関東ではほとんど売っていません。

この事実に僕もびっくりしたものです。
「ベル」は日本の調味料メーカーの大手企業じゃなかったのか?
(ジンギスカン・ラーメン・ドレッシング等諸々ある)

北海道では「エバラが無くても「ベル」は無いとおかしいだろう!」
という位のメジャーアイテムですが、この現代社会においても
文化の違いが結構あるのだなと、改めて感じた今日この頃でございました。

若干熱い血潮が吹き抜けてしまい、話がだいぶ余談に走りましたが、
私的な出来事などもお伝えしたいと思います。

クラウドノート「KYBER」(カイバー)

シニアコンサルタントの藤田です。

またまた面白いサービスを見つけてきました。
クラウドノート「KYBER」(カイバー)
http://www.o-rid.com/jp/features/index.html

チュートリアル(映像)はこちらは
http://www.o-rid.com/jp/features/video.html

アスキーさんより、リリースもされています。
http://ascii.jp/elem/000/000/635/635625/

ノートやホワイトボードに書かれた手書き文字や写真等を
イメージ画像としてデジタルデータに変換するサービスで、
最近、KINGJIMさんやコクヨさんが出されている見た目は普通のメモ帳ですが、
スマホなどで撮ってデジタル化して整理できるのはウケているらしく、
いろんな会社さんがリリースされています。

主に中国で行っているOCR(デジタル画像からの文字起こし)作業を行っており、
iPadなどで送られてきた日本語をチェックされるとのこと。

日本語が理解できる人達だけでないはずなんですが、
OCR前後の文字が2つ並んでいて、同じなら○、違うなら×とチェックするだけなので、
日本語スキルがそれほど高くなくても可能なんだそうです。

ここで気になるポイントが、
さりげなく、新サービスを展開しながら、運用コストを抑えている点。
例えば、iPadを活用することで、地代家賃の削減ができたり、
求められるスキルは日本語のチェックなので、
ハイレベルな人材をそれほど必要としていないことから
人件費の削減が可能になります。

あながち、新規事業を行うにあたり、リリース前だけでなく、リリースした後も
コストを向き合っていけなければいけないが、工夫次第で収益性の高いビジネスモデルを
構築することは可能なんですね。

藤田

mixiページ

シニアコンサルタントの藤田です。

mixiページが始まりましたね。

f:id:pathcreate:20110909183239j:image

今回のmixiページサービス開始に伴い、
「数年ぶりにmixiにログインしたよ」とか
「いつの間にか、足跡機能がなくなっているじゃね~か」
といった方が多いのではないでしょうか。

facebookページと違って、顕在ユーザー、特にF1,M1層が多く
こちらのターゲット層にコミュニケーション戦略を行うには適しているのかなと
少し期待をしていますよ。
※私の周りはなぜか「facebookはやってないけど、mixiはかなり利用している」
といった人が多いんですよね。

ただ、facebookページといい、mixiページといい、
数年前に急に流行った企業ブログ、企業SNSブームに似ているような感じがしますね。

「是非ブログ見て下さい」
「当社のSNSに登録してください」

当時、私もいろんなブログ、SNSを見てましたが、
急速に盛り上がって、その多くは急速に消えてしまっていましたね。
それがfacebookページ、mixiページに姿、形を変えて再度

ブームで終わらせないためにも、
やっぱり儲かる仕組み作りしないといけません。
そのためには、エンドユーザー、お客様視点のコンテンツはもちろんですが、
極論として、面白いかどうか、また見てみたいかどうかです。

あと、デザインのクオリティも結構大事。
なかには、画像が荒れてるものをそのままUPされているページもありますからね。

「デザインが素敵な日本語Facebookページ 10選」
http://facebook.boo.jp/%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%8C%E7%B4%A0%E6%95%B5%E3%81%AA%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9Efacebook%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8-10%E9%81%B8

各社とも、凝ってますねえ~

まあ、そんな訳で、
私も隠れてコソッと作成してみようと思っています。

ジェイ・リスティング社のパフォーマンスアドの効果的な運用方法

 

f:id:pathcreate:20110906211751g:image:w360

パスクリエイトの飯原です。
本日はジェイ・リスティング社が提供するパフォーマンスアドの効果的な運用方法について触れたいと思います。

といいますのも、先駆けていくつかの会社様にご提案の概要をお伝えしたのですが、その運用方法について他の代理店様では言及されていないことが多そうだったからです。

■パフォーマンスアドとは
課金形態や初期費用といった、従来のコンテンツ連動型広告・アフィリエイト広告がそれぞれ持っていた課題を解決し、お客様の成果のみを追求することで「費用対効果の更なる向上」「低リスク」を実現した、PC向けのネットワーク型成果課金広告(CPA)※サービスです。※特許出願中
f:id:pathcreate:20110906211527j:image:w600
だそうです。(上記URLより抜粋。)

簡単にお伝えすると、ライブドアブログやハンゲーム、NAVERまとめ等ジェイリスティング社が保有する広告掲載面に従来のリスティング広告・display network広告等と同様のロジックで広告配信をするが、費用は完全成果報酬で、あらかじめ決めた成果点に達した場合にのみ、成果金額を支払えばよいと言う、夢のような広告です。

■配信ロジック
魔法のような方法はありませんが、ただ一つ言えるのは、パフォーマンスアドの広告配信ロジック、オークションアルゴリズムを十分に理解し、「広告機会を最大化」する必要があります。(「完全成果報酬型」なので、なおさら「機会」を最大化する必要があります。)

ジェイリスティング社としては、当然、当該広告枠の期待CPM(注)が最大になるように、各広告を配信する仕様になっていることが想像されます。
(注:CPMとは、Webサイトの広告掲載料金の単位の一つで、掲載1000回あたりの料金のこと。)

仮に期待CPMを判断する「広告ランク」というような概念が個別の案件に付与され、ランキングに影響を与えているとすると、その広告ランクはどのような指標から影響を受けるでしょうか。

このあたりはほぼ公開されていますが、基本的には
・広告のクリック率
・リンク先のCVR(コンバージョン率)
・入札価格(コンバージョン単価)
・承認率(確定率)(確定のタイミングも広告主側が原則自由に決定できます。)

により決定されると考えられます。(その他ユーザー閲覧履歴などもあります。)

これらの指標から計算された「広告ランク」を毎日、過去7日間のデータを解析し、当日の配信ロジックにフィードバックすると考えられます。(念のため、「考えられます」という独り言にしておきます。笑)

■コツ?
上記でインプットは十分だと思います。

さて、どんな運用方法を行えば、上記の入札価格や承認率の上昇を招かずに、「広告機会を最大化」することができるでしょうか。

ヒントは、あくまでも「システム側の視点」で考える

です。

本件についての答え合わせや、この答えによって発生しうる弊害(手間)にどのように対応するか、等も既に検討済みですので、お問い合わせをお待ちしております。

このように、しっかりとシステムを理解し、お客様の広告機会・広告効果により配慮を行っているという自信があります。機会がありましたら、こちらもご覧下さい。

PASMA(パスマ)サイトの潜在力を引き出すウェブコンサルティング
(9月14日リリース予定で、フォーム等は現在最終調整中です。)

パスクリエイト株式会社
飯原 崇暁

聞くということ(傾聴)

f:id:pathcreate:20110905181049j:image:w360
本日は聞くということについて、少し考えてみたいと思います。
(そしてそれは結果的に、話す事はどういうことかに繋がるようです。)

よく、「人間に耳は2つあるのに、口は1つしかないのは良く聞くことが重要だからだ」ということが言われたりしますが、
(耳は2つはないと音の遠近感分からないじゃん!と真面目に突っ込んだりしますが)、あながち間違ってもいないように思います。

特に「時間」が非常に貴重な資源で、時間あたりのコミュニケーションの濃さを意識しなければならないビジネスの場面で、「自分が喋りたいことを喋る」「自分が気持ちいいことを喋る」というのはルール違反で、少なくともこの話は相手が聞きたい話なのか、この時間の結論にどのくらい影響を与える要素なのか、を確認しながら、考えながら話すべきです。
(この人、誰に会っても同じ事を話しているだろうな、というのも同じで(過去の自慢話が典型的な例)、しっかりと相手に適合した話とすべきです。これはちょっと話が複雑になってしまうのでまたの機会に譲ります。)

・相手が何を求めているのかを見極める(見極めた上で、満額回答する)ことで、効率的、効果的なコミュニケーションを行う
・聞くという姿勢(傾聴)自体が、相手に安心感や自己重要感を与え、コミュニケーションを円滑にする

この2点から、私は聞くことに比重を置いたコミュニケーションを意識したいと思っていますが、そのための私なりのコツのようなことを共有してみたいと思います。

人に興味を持つ
ある時、「飯原さん、初対面の人にそんなに低姿勢にならなくてもいいと思いますよ」とその商談の時に隣に座っていた社内の人間に言われたことがありました。(実際にはそんなに低姿勢ではありませんし、時として横柄な態度が出ていると思いますので、本当に要注意なのですが。)

どうしても「低姿勢」という感覚が私になかったので、そのように言われた理由を考えてみたのですがそれは、「相手に対する好奇心、興味」がそのように感じさせたのではないだろうかという思いに至りました。

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ という言葉がありますが、その心は他人の失敗(と成功)に学べるかどうかではないでしょうか。 

理屈っぽく書きましたが、他の人に興味を持って話を聞くって楽しくないですか?笑自分じゃない人の人生や考え方って面白いです 

安易に類型化しない(類型化しっぱなしにしない)
よくやりがちだし、よく見かける光景ですが、

「ああ、それね。知ってる知ってる。」
「ああ、そのパターンね。そのパターンはこうだな。」

と話を最後まで聞かずに、途中で頭の中で自分の経験や知識と関連づけて、類型化して、それ以上の新しい情報は無意味だからと、聞いているようで一切聞かなくなって(馬の耳に念仏状態)しまうことがあります。

・果たして、私が考えているそれと、この人が話しているそれは本当に同じだろうか?
・同じ事実に対しても、この人はどんな見解を持っているのか、それはどのような考えから来ているのか?
・良く聞くこの話題に対して、この人はどのような視点で意見を述べるのか。それはどんな経験から来ているのか?

ある意味、良くある話題の方がその人らしさがあぶり出されるので、傾聴に値すると言えます。
(そう考えると、話すということが非常に慎重を要することであることも感じ始められると思います。)

※特に、マスメディアの二番煎じ的な意見は分からないようで、実は分かる人には分かる「評価ポイント」なので気をつけたいものです。

パスクリエイト株式会社
飯原 崇暁