健康に気を使っていますか?~夏ばて~

シニアコンサルタント 石川です。

さて、突然ですが、
皆さんは健康に気を使っておられるでしょうか。

私は体調管理もビジネスマンの大事な仕事だと考えており、
私自身も最近は気を使い始めております。

・シャワーでは無く入浴
・玄米食
・適度な運動
・お弁当持参
・夜は殆ど食べない

等実践しております。
(過度に行なうのは負担、ストレスになるのでほどほどにですが。)

と言いますのも、
体調を崩した際のデメリットを考えた際に、
なかなか無視出来ないインパクトだと思ったからです。

例えば、1日10時間働くとして、
体調不良で1日業務が出来なくなると、
1週間が5営業日(内1日休み)だとすると、

体調を崩すだけで、
10時間(1日の業務時間)÷4日(実質働く日にち)=2.5時間
実に1週間(4日)1日2.5時間多く働いて、
やっと休まなかったのと同じ業務時間になるのです。

大変なインパクトだと思います。

そこで、今の時期ですと体調を崩す要因の1つに、
夏の天敵「夏ばて」があるかと思います。

夏ばての主な症状としては、「だるい」
倦怠感、食欲不振、下痢、便秘、思考力の低下、無気力、立ちくらみ、
めまいなどがあげられると思います。
(こうなってしまいますと、仕事になりませんね・・・・。
気を付けなければなりません。)

こうなら無いように意識して取って頂きたい物をご紹介致します。
ご参考頂けましたら幸いです。

下記より
———————————————-
梅干し、
レモン、
お酢
豚肉、
ウナギ、
レバー、
貝類、
枝豆
みつば
———————————————-

こういったものが良いようです。
(他にも沢山予防できるものがあるようです。
「夏ばて 防止」「夏ばて 食べ物」「身体によい食べ物」
等で検索してみて下さい。)

上記の食材については、
調理次第でいくらでも手軽に摂取できます。

レバニラ炒めに生姜焼き、枝豆は居酒屋で容易に食べられます。
特にお酢は、血液もさらさらにしますし、
この時期では冷やし中華なんかどうでしょうか。
(沢山の具を乗せた冷やし中華はとても食欲をそそります。)

火照って疲れた身体を、冷たいビールで冷やすのも多いに結構ですが、
冷やしっぱなしも身体に悪いので、
体温を上げる生姜などが沢山乗った、
冷や奴などでバランスを取って、身体を労ってあげて、
夏を乗り切って頂ければと思います。
(自戒も込めて。)

石川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>