moko’s キッチン / 速水もこみちさんの3分料理コーナーについて

 

インターネットマーケティング事業部、シニアコンサルタントの富田です。
今回は私が平日毎朝、出勤前に楽しみにしている日本テレビの一料理コーナーの紹介です。

平日出勤前の料理番組が人気?

 

速水もこみちさんが、「トントントントン!」とキャベツを千切りにするシーンで始まるのが印象的な「moko’s キッチン」です。

だいたい7時54分くらいから3分間くらいの番組なんですが、
視聴者のハガキリクエストに応える形で速水もこみちさんがご自身のレシピ集から毎日一品、アドリブっぽく調理、それもよくある料理番組のように材料紹介や調味料が何グラムみたいなシーンは皆無で、ひたすら格好良い速水もこみちさんの料理シーンと材料費は気にしないくらいお洒落な食材満載の番組なんです。

私は夫婦揃ってこの番組を見て、「今日も一日がんばろう!」と思うとともに、
「この番組はなぜ新しく感じるのか?」
「レシピ紹介を省いているのに料理番組が成立するのはなぜだ?」
「もこみちくん格好良いのに、なぜか笑い声が映像に入るよね」

といった具合に人気の秘密やマーケティング、ブランディングについても話したりしています。

そこでやっと本題なんですが、この「moko’s キッチン」公式サイトってどんなサイトなんでしょう。
という所で恐れながら勝手にサイト分析をさせていただきました。

「moko’s キッチン」の閲覧シチュエーションを想定

 

今回のシミュレーションの前提です。

閲覧者は、
テレビで「moko’s キッチン」を見て速水もこみちさんが好きになった
そして、今日のレシピ情報をホームページで調べて実際に作ってみたい
ついでに料理が上手な速見もこみちさんの経歴的なプロフィールも知りたい
としてみました。それではさっそくチェックしてみましょう。

ホームページを検索する

 

まず番組名「moko’sキッチン」でYahoo!検索してみた所が下図です。

f:id:pathcreate:20110705120537j:image

赤線がタイトル部分ですが、まったくもって残念な結果でした。
タイトルからはZIP!という番組内の1コーナーという事が窺い知れますが、
公式トップですし、クリック率も考慮して、
「速見もこみちのmoko’sキッチン|レシピ集|ZIP!」
というのはどうでしょうか?

緑線は対象ページのURLを示していますので、これも非常に残念です。
階層が深いだけでなく、何より「moko’s キッチン」トップページがインデックスされていません。
クリックするとわかるのですが、何とこれがひどいことに
4月のバックナンバー一覧ページが1位表示となってしまっています。

本来ですと最低でも
http://www.ntv.co.jp/zip/onair/mokomichi/index.html
を検索1位で表示したいところですよね。

今日のレシピ情報をゲット

 

今朝は「もこみち流タイ風手羽チキン」というなんともお洒落な料理でした。

f:id:pathcreate:20110705120842j:image

テレビでは一切流れない材料リストがしっかり載っていますし、
緑線の部分を見てもわかるように、
ツイッターやFacebookとも連動し視聴者からも注目されているページである事もわかります。

さて速見もこみちさんプロフィールは?

 

これは所属事務所や契約面での問題もあるのかもしれませんが、
ZIP!公式サイト内「moko’sキッチン」ページに、速見もこみちさんの紹介ページがありませんでした。
これにはもこみちさんがキッカケでホームページにアクセスしてきたユーザーはがっかりです。
「なぜ彼はあんなに料理がうまいのだろう」
「このコーナーができたキッカケは何だろう」
「あのレシピは本当に本人が考えてるの?」
「撮影秘話とか知りたい」
といくらでも掲載してあれば読んでみたい事は思いつきます。

実際、ウィキペディアご本人の公式サイトのほうがよっぽど詳しく掲載があり、
下記のような料理本も何冊も出版されているのです。

これはやはり契約の都合で日本テレビZIP!内に掲載できなかったのだと思います(推測です)。

ただこの悔しい残念なホームページは、私に「ユーザー目線のホームページ」って何なの?
という視点がいかに大事かを教えてくれました。

こういった日常のささいな面を気づきとして、
では自分が今関わっているホームページではお客様のご要望に応えているだろうか、
必要とされている情報へのアクセスはスムーズだろうか、
とあらためて考えることができましたし、今後ともこういった視点を大事にしてまいりたいと思います。

※ちなみに私はこの番組で紹介されたレシピで一度も料理したことがありません、でも番組のファンです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>