TECLOSION 2011 Spring Evernote Corporation CEO講演録その2 (2/2)

パスクリエイトの飯原です。
ここからは4月15日(金)に開催されました「TECLOSION 2011 Spring」において行われた、Evernote Corporation CEOのPhil Libin(フィル・リービン氏)による、講演の後半のシェアです。
(前半部分はこちら。)

内容としては起業論。

f:id:pathcreate:20110415010414j:image:w360:leftフィルは、起業自体を真剣に「世界を変革する方法」と捉えており、慈善活動や芸術、科学や政治をも内包する活動だと。(確かそんなニュアンスでした)

また、「最初にどんな思想でやるか」「なぜ起業したいのか」これが非常に重要だと強調していた。

彼が言うには、「起業家になりたいのですが」と問われれば、こう答えるだろうと。

「起業家するな。少なくとも間違った理由によっては。」

間違った理由というのは、よくあるこういうものだ。

お金(95-99%、この動機で起業するものは失敗する)
権力、地位 (実際には、社長は一番下 社員もメディアも私のBOSSになる、と表現していた)

また、だからこそ私は自分のことをビジネスマンというより、スポーツアスリートだと思っていると話していました。
(会社のチームのことも、スポーツチームのように考えると話していました。)

f:id:pathcreate:20110415010939j:image:w360:leftそれでもなお起業したいのなら、こういった準備を。

1.基本スキルを学び、
2.失敗を受容できるようになり、
3.「厳しく楽観的」であること(事実を厳しく測定し、どこで楽観的であることをやめるか)
(日本語で書くと貧相になってしまいますね。))

f:id:pathcreate:20110415011305j:image:w360:leftもし、準備がまだ必要なのであれば

1.スタートアップにまずは参加してみること。
2.もしあなたが、大企業に勤めているのであれば、スタートアップとの取引をしてみること
3.もし起業家の友人がいるのなら、手伝ってあげてみること

スピーチの最後にフィル氏はアントレプレナーになる理由に触れ、起業家になるときに例えばお金や権力、今の生活への退屈といった間違った理由でなってはいけないとし、「起業家になるただ一つの理由」として「Change the World(世界を変えること)がある。これがあるのならやるべきだ。信念と情熱がなければそのクレイジーな考えについてきてくれる人はいない。」と会場の起業家予備軍へメッセージを送ってくれた。(http://jp.techcrunch.com/archives/the-5-reasons-that-now-you-should-startup/より抜粋)

f:id:pathcreate:20110415013027j:image:w360:left最後にフィルとの写真を撮ってもらいました。このとき、Evernoteでの人事制度について伺ったのですが、やはり基本的には能力主義で評価を実施していて、年功的な考え方は一切無い。実際に役員は最年少で27歳くらい、最年長で63歳くらいとお話しされていました。
ただ、降格人事については非常に慎重に検討しますとお答え頂き、ほっとしたというか、やっぱりというか、妙に納得しました。

f:id:pathcreate:20110415070858j:image:w360:left
f:id:pathcreate:20110415071243j:image:w360:left
f:id:pathcreate:20110415071250j:image:w360:left
f:id:pathcreate:20110415071446j:image:w360:left

最後に番外編

「TECLOSION 2011 Spring」では、今回スタートアップバトルということで15社のサービスのプレゼンバトル(1社5分)があり、その表彰が行われたのですが、審査委員長を務められたのが、株式会社サンブリッジの取締役会長兼CEOのアレン・マイナー氏

サンブリッジという会社名は恥ずかしながら、存じ上げなかったのですが,日本オラクル初代代表として来日され後の同社の急成長に貢献され、1999年の日本オラクルのIPOを機に、日本のベンチャー育成のため同社を設立salesforce.comの日本法人設立を手がけるなど日米のベンチャービジネスで活躍されている方とのことでした。

私が最後にこの方をご紹介し写真を載せたかったのは、彼が表彰式の最後に目を真っ赤にして涙を流しながら、お話になったことが印象的だったからです。

アレン氏は何故、日本でベンチャーが育たないと言われるのか?と。

シリコンバレーと比べて、優秀なベンチャーが無いから?
シリコンバレーと比べて、優秀なベンチャーキャピタルが無いから?
シリコンバレーと比べて、優秀な技術力が無いから?

そうではないと。

シリコンバレーに比べ、これらが日本で大きく劣っているわけではない。

違うのはメディアの力だ。

シリコンバレーでメディアに取り上げられれば、アメリカでも大きく取り上げられ結果的に世界的に大きく取り上げられる。しかし、同様のサービスが日本で取り上げられても、アメリカや世界で取り上げられることは無い。

彼は、日本の優秀なベンチャーがメディアの差により、陽が当たっていない、だから悔しいんだと言わんばかり、熱く語っていました。(日本語で話していて、おそらく日本滞在歴も長く、本当に色々な日本人に接し、日本のことが好きでいてくれているんだと感じました。)

そして、だからこそ(腐っているのではなく)世界に出て行って下さい。あなた方なら出来ますと、熱く締めくくっていました。

実際、今回は学生を主体とするチームが、最初から日本ではなく、アメリカでのスタートを前提としたプランを練っていたり、アジア発を最初から計画していたりと、日本初ではないことが前提になっているチームも複数有り、「そんな時代になったんだ・・・」と自分も年寄りでもないのに、感慨深く感じてしまいました。

大きな志と、行動力。

その大切さを痛感した時間でした。

なお本記事作成にあたり、こちらも参考にさせて頂きました。ありがとうございました。
http://jp.techcrunch.com/archives/the-5-reasons-that-now-you-should-startup/

パスクリエイト株式会社
飯原 崇暁

TECLOSION 2011 Spring Evernote Corporation CEO講演録その1 (1/2)

f:id:pathcreate:20110415001310j:image:w360:leftパスクリエイトの飯原です。
今回は、4月15日(金)に開催されました「TECLOSION 2011 Spring」において行われた、Evernote Corporation CEOのPhil Libin(フィル・リービン氏)による、シリアルアントレプレナーが語るシリコンバレーと起業と題された、キーノートセッションについて、私自身が非常に感銘を受け、色々とinspireされることがあったので、まとめておきたいと思います。最後には2ショットを撮って頂きました。(嬉)写真などは抜けがありますがご容赦ください。Evernoteは日本でもご存じの方も多いと思いますが、現在のユーザー数は850万人、日本のユーザーは実に全世界の28%の割合にもなるそうです。

(彼が日本を第二のホームと言っていたのもうなずける)フィル氏にとってEvernoteは起業した3社目で、これまで2社を経営しているそう。

f:id:pathcreate:20110415001835j:image:w360:left3回起業した彼が、「今は起業に適した時期」だと語り、テーマにしたのが、「良い製品が必ず勝つとは限らない」とこれまでの定説。

f:id:pathcreate:20110415001932j:image:w360:leftこれまでは、これは真だったが、今では違うと。それは何故か。5つの要因を挙げた。

f:id:pathcreate:20110415002455j:image:w360:leftこれまでは、どう売るか、どうプロモーションするかが重要だった。アップストアもクラウドもある。また、開発環境もMySQLやリナックスが登場。10年前ならそれに何百万ドルも払うか自分で作るしかなかったが、今は違う。

また、ソーシャルメディアがあり、多額の費用を払い、広告や展示会を利用しなくてもプロモーションを行うことができるようになった

また、5つめの要素としてフリーミアムをあげ、「これまでは大企業が価格を下げてきて脅威となるリスクがあったが、無料で提供できるサービスにはこのリスクは無い。大企業が我々に勝つには、我々より純粋に良い製品を作る必要があるからだ」と、会場にいるスタートアップ関係者には非常に心強い主張だった。

Geek Meritocracyは開発者実力主義 くらいのニュアンスだと思います。

f:id:pathcreate:20110415002905j:image:w360:left次に挙げたのがこの言葉。これまでは欠乏を満たす製品やサービスが求められてきた。

f:id:pathcreate:20110415002617j:image:w360:leftただ、彼は大真面目に「愛される製品・サービス」がこれから求められると。(愛に根ざした、というニュアンスもあったように感じました)

f:id:pathcreate:20110415003117j:image:w360:left欠乏に根ざした製品と、愛に根ざした(愛される)製品が経済に占める割合はこのようになっていくだろう、と。

f:id:pathcreate:20110415003402j:image:w360:left我々の居るいまは、この辺り。これから始まる製品・サービスはこのあたりに位置づけられるだろうと。

次に少し話題が変わり、ビジネスには3種類あるだろう、と。

f:id:pathcreate:20110415003628j:image:w360:left一つ目の種類のビジネスは時間の経過により、利用者に受け取られる価値が減衰するビジネス。
フィル氏は飲食業などを例に挙げていた。(よく考えると本当かな?とも思いますが、たしかにこういうビジネスは存在するでしょう。新しいことに価値がある新車とかもそうかな)

f:id:pathcreate:20110415003758j:image:w360:left2つめの種類は、経過の時間によらず、受け取られる価値が一定のもの。例として、毎月送られてくる月刊誌等を挙げていた。

f:id:pathcreate:20110415004159j:image:w360:leftそして重要なのが3つめ。これは、時間の経過と共に、価値が増大するというもの!これにはevernoteがあてはまりますとフィル氏が話すと、会場からは少し笑いが漏れましたが、フィル氏は真剣そのもの。そし

イシューからはじめます。

コンサルタントの隈元です。
ポストが多くなって当社のブログも活気づいてまいりました。
今回は本の紹介です。題して、「四月に読みたいこの一冊」。

今回紹介する本に至ったもともとのきっかけは、
はてなの人気エントリーにあった「不動産購入に関する一つの(ショックな)気付き」
という記事を読んだことでした。

タイトルの通りですが不動産購入に関する面白い記事で、
自然と過去の記事も読み進める結果になり、
「圧倒的に生産性の高い人(サイエンティスト)の研究スタイル」という記事を発見しました。

一部引用してみます。

1. まずイシューありき
自分の考える世界観があり、そのパースペクティブ、ビューポイントに基づいてこういうことが言えるはずだ、あるいはこういうことを言えば意味(インパクト)があるというメッセージがまずある。これはぶわっとした話ではなく、もう論文のタイトルと言って良いレベルで決まっている。
つまり何に白黒つけたら良いのか、自分は何にケリをつけるのか(=issue)、というのが非常に最初の段階でクリアにあるのだ。そしてこれが次に述べる通り、そのサブサポートのレベルでも続く。

ちなみにこの白黒を付けるという姿勢がどの程度あるか、どのようなことに白黒つけようとするのかで、経営課題の場合、problem solverとしての質はほぼ規定される。何となく面白そうだから、でやるような人が大きなことにケリをつける、とどめを刺す可能性は非常に低い。

短いながらもエッセンスが詰まっていて、「これはすごい」と思い、プリントアウトしました。
この記事を書いた人はどんな人なのだろう?そんな事を考えながら何度も読みました。

そのA4用紙は今もオフィスで手が届く所に置いていますが、
そもそもブログの記事を印刷したのは初めてだったと思います。
(たぶんこれから先もほとんど無いんじゃないかという気がします)

その後しばらく経って、Amazonか何かの話題の本でこちらのタイトルが目に飛び込んで来ました

ああ、あのブログだ。本を出されたんだと思い、ひとまず購入。
その後該当ブログを見てみるとやはり同じ方でした。

肝心の内容ですが、切れ味鋭い言葉が並んでいます。
特に序章は痛快です。この本の言葉を借りれば、序章をキッチリ伝える事こそ「バリューのある仕事」だったのかもしれません。

本の内容を普段の自分に当てはめると耳が痛い話が多く、読んでいて若干悔しくなりました。
それだけ自分にとっては価値があるということなんだと思います。

Amazonなどでは「他の本でも書いてあるような当たり前の事が多い」というレビューも見かけますが、
私は当たり前の事こそ忘れがちであるし、日々実行していくのはなかなか難しいと感じています。

問題解決の手法やフレームワークの本は様々なものがありますが、
目的は日々繰り返し、身につけ、自分の型を見つける事。

そのための指南書は何でも良いのかもしれないですね。私はこの本に落ち着きました。
何度も繰り返し読んで、使い込んでいきたい本です。

書店でもよく見かけますので、未読の方はぜひ!

震災前と震災後におけるライフスタイルの変化

事業開発マネージャーの藤田です。

先月の東日本大震災が起こってから、はや1ヶ月になりますが、
皆様のビジネス状況等はいかがでしょうか。

今後、余震や計画停電などにより、ほとんどの企業様において、少なからず業績のみならず、
就業時間の変更やなかには、サマータイム制の導入に至るまで、ワークスタイルにまで影響を及ぼすのではと考えられます。

また、イベント関連などは、自粛の声が高まったことで、想定外の落ち込みがあったようです。
※ちなみに、自粛は英語にあたる言葉がなく、直訳すると”self‐imposed control”らしいのですが、
3/28のNewYorkTimesにて、”jishuku”と紹介されていました。

f:id:pathcreate:20110421115920g:image

あの地震以来、震災後の購買スタイルがどのような変化があったのか気になっていたのですが、
先日、今回の大地震後のライフスタイルや生活価値観の変化に関するサイトを見つけました。

http://www.intage.co.jp/chikara/newsletter/report-vol22
※出典:株式会社インテージ
調査レポート(東日本大震災後のライフスタイル・生活価値観の変化を追う)

震災前(2010年12月)と震災後(2011年4月)での人々の消費や生活行動を比較した調査レポートですが、
やはり、電力不足や復興支援の意識が強いのか、社会・環境に関する指標が伸びていますが、
それ以外で、顕著に変化はないようです。

f:id:pathcreate:20110421115921g:image

あと、気になったのが、「今よりも外出(ショッピング・レジャー・外食など)の頻度を減らしたい」方が
4月初旬時点でも、30%近くあり、今より頻度を増やしたいという方も増えつつあるようですが、
この数値より、自粛傾向はまだ根強いものであると感じました。

f:id:pathcreate:20110421115923g:image

人ぞれぞれ、意見は異なるかと思われますが、
行き過ぎた自粛は経済活動に悪影響を及ぼし、復興活動の妨げになる場合もあります。
日々の仕事や日常生活において自分たちができることをすることを心がけたいです。

被災企業への国の融資措置

パスクリエイトの小松田です。

さて、
本日は3月11日の震災による被災企業への融資対応として
新たに講じられた国の措置についてお話したいと思います。

なるべくわかりやすく、解説を加えながら進めて行きます。
まず、今回の災害の発生につき、経済産業省主導の下、
被災中小企業の既往債務の負担軽減に係る対応について
以下の措置を講じられました。

f:id:pathcreate:20110420155113j:image:w360:left

<措置が講じられた背景>

震災による被災企業への対応として、経済産業省、中小企業庁を含め、
日本政策金融公庫、商工組合中央金庫及び信用保証協会において、
特別相談窓口を設けられます。

被災にあわれた中小企業は、被害発生後当面の間は被災現場の処理や
生活の立ち上げに大きな時間や労力をとられており、
被災後に既往債務の返済期日が到来していても、
返済猶予の申込にすらいけない状況が続くことが予想されます。

そのため、
返済猶予等既往債務の条件変更、貸出手続きの迅速化及び
担保徴求の弾力化等について、被災中小企業者の実情に応じて
対応するよう要請が行われました。

=解説=

簡単に解説しますと、
国が指針を打ち出し、国が管轄する中小企業向け金融機関に対し
「窓口」を作り、「被災企業」に対する「返済の猶予」や、
「融資申込に対し優先して処理する」よう指導と要請を
行ったという事です。

「担保徴求の弾力化」の意味が非常にわかりにくいのですが、
ある程度大目に見ましょうと言う意味です。

ただし、それでも「どのような場合」、「どの位」などの
基準がありませんので、やはりわかりにくいのは否めませんが、
例として具体的に言うと、「不動産等に関して現在価値の算定が
出来ない状況でも、考慮して通し易く対応します。」などが
考えられます。

また、まずは指針の発表を通じて、
「そうした措置があるので、出来るだけ相談するようにして下さい。」という
メッセージにもなっています。

ですが、世の中の小企業経営者の方々に広く認知されているかと言うと、
知らない方が多いのが現状ではないでしょうか。

ここは、国としても大きく何回でもPRするべき事だと思います。

余談ですが、マスコミ各社は広告枠が埋まらなくても、
ACのCM以外に、社会貢献としてこういう協力の仕方も
あるだろうに、と思うのは、僕だけではありません。

次回は、具体的内容の説明と解説をして行きたいと思います。

つづく

知行合一

コンサルタント 石川です。

先日、4/16(土)13時30分~15時30分
トーマツイノベーションのセミナーへ参加致しました。

セミナーの講義内容なのですが、

「ポジティブリスニング」といったものでして、

聴くことの重要性やメリット、
更には日常の業務でどういった形で応用できるか?
といった内容となっておりました。

そもそも聴き上手になるとどういったメリットがあるか?

聴き上手のメリット
・情報が沢山入ってくる
・時間の短縮
 (聴く事による、調査とうの時間の短縮)
・信頼感を得られる
 (円滑なコミュニケーション)
        ・・・・等

他にも沢山ありますが、これだけでも十分に「聴くこと」について、
学ぶメリットが多いかと思います。

この中で私が、一番印象に残ったのが、
「信頼感を得られる」です。

本来、人は話したい生き物ですし、
人に話を聴いてもらいたい生き物ですから、
話を聴いてくれると、それだけで心を開いてくれるらしいのです。

これを業務で生かす際のテクニックが色々あるのですが、
・相手の話にリアクション(合いの手や、うなずき)する
・メモを取る
・質問をする

等ありますが、「質問をする」事が、
私は一番重要だと考えております。

的確な質問をすることにより、
コミュニケーションが円滑に進み、
結果的には、「信頼感を得られる」事に繋がるのでは無いでしょうか。
(私はまだまだ意識しなければいけないのですが、、。)

何とか少しでも的確な質問・聴く力を磨いていきたいと感じました。

ちなみに、聴く姿勢は意図的に作れるそうで、
大リーガーのイチロー選手の、
バッタボックスに入る時の仕草のように、
動作で意識をコントロールし、
集中力を高めることが可能なようです。
このようなテクニックを積極的に取り入れて、
聴き上手に近づけるようになりたいと思いました。

社会貢献活動の実績のご紹介

パスクリエイトの飯原です。

前回に引き続き、当社の社会貢献活動について書きたいと思いますが、
今回は実績として2つほどご紹介させて頂きます。

世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)
f:id:pathcreate:20110411210260j:image
主にアジアやアフリカにおいて、貧困から十分なワクチン接種を受けられず、
病に倒れる子供達が少なくありません。また、その多くが、ワクチンさえあれば助かる命
であることも少なく内容です。

そこで、弊社は昨年9月末よりJCV様とのタイアップ企画として、
婚活・結婚おうえんネット|社会貢献において、頂いた婚活に関する資料請求1件あたり、3人分のワクチンを寄付させて頂くことにしました。

実績として、2010年9月から、2011年2月末までに5745本のポリオワクチン相当の寄付を実施させて頂ける運びになりました。 ご協力頂きました皆様、誠にありがとうございました。

f:id:pathcreate:20110411210261j:image

■東日本大震災への義援金
f:id:pathcreate:20110411210262j:image
今回の震災に関して当社で直接できることは殆ど無く、事業に集中することが重要であると考えますが、義援金についての取組みを行うことを決定し、上記の企画と同様な形式を前提都市、2011年3月11日かた期間を定めずに、頂いた資料請求1件あたり50円を東日本大震災への義援金として寄付させて頂きます。

こちらは、開始間もなくまだ振込みが出来ていませんが(4月11日現在)、具体的なご支援先を早急に決定し、数ヶ月分の発生見込み分をまとめて先にお送りしたいと考えております。

現在検討しているご寄付先は、日本赤十字社はもとより、災害孤児の方により特定した寄付先や、Civic ForceJust Giving等を検討対象にしております。

単位あたり額は少額ですが、資料請求数は国内最大級ですので少しでも継続的なご支援になればと考えております。

今後ともご理解とご協力の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

パスクリエイト株式会社
飯原 崇暁

経済活動停滞への懸念 その2

パスクリエイトの小松田です。

さて、前回から私の「自粛」反対についての考えを述べたいと思います。

一部で大きな声となっている経済活動での自粛ムード(「不謹慎」や
「祝い事や娯楽の中止」)などが、現実に影響を及ぼし始めている実感を、
私の担当事業を通じて感じるのです。
賛否両論あると思いますが、そういった感触から明確に自粛反対という
立場になりました。

もちろん、影響力の大きさや実害が出る場合などは考慮すべきでしょう。
(この時期の関東でのナイターなどは大きな障害(多大な電力消費)も
 生じるため論外だと思いますが。)

例えば、飲食店では団体の宴会がキャンセル、個人消費も自粛ムードで、
客足が遠のいています。(電気を少し落とすなどの節電は賛成ですが。)

もちろん、そんな気分ではないと言う人に無理にと
言っている訳ではありませんし、
イベントや飲み会などけしからんと言う人もいるでしょう。

ですが、
仮に、自粛の影響で数千件、数万件の店で売上の減少に陥ったとします。
そうすると、食品、飲料も仕入が減り、問屋や市場の売上も減ります。
そして、生産者への発注も減り、食品業界に関わる全てに影響が出ます。
ましてや、農業、漁業などは地方での大きな産業です。

その他にも、テナントの空きが増え不動産が停滞、内装業の仕事も停滞、
厨房機器、おしぼりやカラオケ、有線、それから・・・
もちろん店の従業員やアルバイトの仕事も減り、失業者も増える。

飲食業界だけを見てもこれだけの経済活動が停滞します。
当然、その他影響が出た産業も同じように負の連鎖に陥ります。

そもそも、震災の被害者の方々への義捐金、復興資金、国の保証、
その他諸々に必要な費用はどういった源泉から出てくるのでしょうか。

政府?、政府の予算はどこから?、税金?、税金はどこから?
企業?、企業の売上はどこから?、購買?、購買は誰が?
個人?、個人のお金はどこから?、収入?、収入はどこから?

そうです。一人ひとりの経済活動、消費活動そのものなのです。
1ヵ月のGDPは、国内活動のみでも約22兆円です。

もし、我々市民が1ヶ月間大きく消費活動を自粛したとすると、
日本はさらに悪い状況へと突入していきます。
1ヶ月22兆円という規模が、「自粛」というムードにより停滞する事で、
如何に大きな影響を与えるかがわかります。

私個人としては、出来るだけ自粛せず、今までどおりの生活(消費活動)を
心がけたいと考えています。

マーケティングと因数分解の関係

事業開発マネージャーの藤田です。

毎朝、朝会の前をに、百ます計算を全員で行っているのですが、
(意外にも引き算で大苦戦・・)

その際、ふと因数分解とマーケティングにおける関連性について、思い出してしまいました。

これはマーケティング・コンサルタントとして著名な佐藤義典さんが提唱されていた
「売上5原則」というものなのですが、

売上=
客数×客単価=
(新規顧客の獲得+流出顧客の減少)×(売上単価の増加+購買頻度の増加+買上点数の増加)

売上の構造を細分化し、因数分解、数値化することで、自社のサービス・商品の売上動向と照らし合わせて、どこが原因なのかを可視化できます。

業種・業態によって、上記の式の項目は当てはまらないかもすべて当てはまらないかもしれませんが
基本、売上は客数を上げて、客単価を上げることなのです。

例えば、
・新規顧客が獲得できているか、いないか
・売上単価が上がっているか、下がっているか
などを、ロジックツリーにすれば、さらにイメージが頭の中で描きやすいかもしれません。

なお、これにコストという項目も入れると、
利益=売上-コスト
という式も作ることができますね。

ただ、これを知っているだけでなく、業務上使いこなせるかがポイント。
普段からコツコツと数をこなしていって初めて血となり肉となるのだと思われます。
(あまり実践できていませんが。。)

といったことを朝の少し頭が固い状況で思い出してしまったのですが、
百ます計算はもともと、頭の活性化の促進なので、
朝の貴重な時間を百ます計算に費やしているのは、それなりに効果があるようです。

図解 実戦マーケティング戦略

図解 実戦マーケティング戦略